沖縄「戦前新聞」スクラップ(2023.1.13)

沖縄県民の読む新聞には米軍の動きのほか、自衛隊の訓練や施設強化などの動向が日々掲載されるので、南西諸島の軍事要塞化が着々と進んでいることがよくわかります。国内を戦場にすることも辞さない日米軍事体制の急激な変化は,まさに「戦前」に突入した感があります。そこで、全国の皆さんと認識を共有するために、沖縄「戦前新聞」と題して関連記事をスクラップして掲載します。お役立てください。

元学徒「戦場にするな」 軍備増強に反対声明(琉球新報 2023.1.13)

戦争迫る恐怖と危機感 元全学徒の会声明(沖縄タイムス 2023.1.13)

「戦争加担」今も後悔 90代元学徒「見過ごせず」 軍備増強 反対声明(琉球新報 2023.1.13)

日米共同演習増加へ 2プラス2 一体化 より色濃く 南西防衛を強化(沖縄タイムス 2023.1.13)

進む民間施設の軍事利用 識者評論 野添文彬氏(沖縄タイムス 2023.1.13)

ニュース断面 基地負担 さらに重く 国、中国へ対抗姿勢 県「有事」喧伝に懸念(沖縄タイムス 2023.1.13)

戦争準備 抑止力に 要塞化加速 賛否の声 日米2プラス2(沖縄タイムス 2023.1.13)

米、沖縄に無人ミサイル ハンセン即応隊に配備 日米2+2 弾薬庫共用拡大も(琉球新報 2023.1.13)

専守防衛 形骸化恐れ 反撃能力で協力深化 対中「戦略競争勝利」目標 日米2プラス2(沖縄タイムス 2023.1.13)

嘉手納弾薬庫 共同使用 「戦前」の始まりか 周辺住民、募る危機感(琉球新報 2023.1.13)

社説 日米2プラス2 募る不安 県民置き去り(沖縄タイムス 2023.1.13)

社説 日米2プラス2 沖縄の自由使用認めない(琉球新報 2023.1.13)

自衛隊昨日「矛」へ拡大 対中対話の動きは鈍く(琉球新報 2023.1.13)

日米共同文書要旨(琉球新報 2023.1.13)

司令部転出は中止 ミサイル 民間地にも 周辺住民にも被害の恐れ(琉球新報 2023.1.13)

米軍再編 また再調整 全容いまだ見えず(沖縄タイムス 2023.1.13)

「返還さらに厳しく」周辺首長、説明求める声(琉球新報 2023.1.13)

「これ以上の負担あってはならない」 玉城知事、強い警戒感(琉球新報 2023.1.13)

県内配備「断固反対」玉城知事(沖縄タイムス 2023.1.13)

地元配慮と説明欠く 日米演習・共同使用が拡大(沖縄タイムス 2023.1.13)

「沖縄へ丁寧に説明」 米海兵隊改編巡り松野氏(琉球新報 2023.1.13)

「負担軽減に最大限配慮」官房長官(沖縄タイムス 2023.1.13)

馬毛島基地が着工 工事4年想定 米軍訓練移転へ(琉球新報 2023.1.13)

馬毛島基地建設に着手 防衛省 訓練の重要拠点に(沖縄タイムス 2023.1.13)

着工後も市長沈黙 馬毛島方針転換に批判(沖縄タイムス 2023.1.13)

下地島空港「国管理に」 自民国防議連の佐藤氏(沖縄タイムス 2023.1.13)

米戦略爆撃機と空自F15が訓練 沖縄周辺(沖縄タイムス 2023.1.13)

ボーダーレス 伊江島の78年 ③ 復興の途上100人超死亡 「これでもかと追い打ち」(沖縄タイムス 2023.1.13)

論壇 具志堅隆松 玉城知事のグアム訪問に望む 戦場にならない相互確認を(琉球新報 2023.1.13)

論壇 屋宜恒一 緊張する日中関係平和外交の推進 県に望む(沖縄タイムス 2023.1.13)

僕らの先にある未来(沖縄タイムス 2023.1.13)

防衛費増額 軍拡競争を懸念(琉球新報 2023.1.13)

「沖縄「戦前新聞」スクラップ(2023.1.13)」への2件のフィードバック

  1. 藤沢9条の会事務局の吉塚です。当会は沖縄に連帯して、ことあるごとに連帯の行動を行って来ました。私自身も辺野古基地反対行動に4、5回参加しました。季刊の当会ニュースには必ず沖縄の記事を掲載します。微力ではありますが今後も反戦、沖縄基地撤去の運動を続けていきます。

  2. 最新の沖縄情報が的確に掲載されていて、とても勉強になります。全国にこれを広めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

以下の注意事項をご確認の上、良識あるコメントにご協力ください

  • コメントをいただいてから掲載まで、お時間をいただくことがございます。
  • 各コメントに対して当会より個別の返信はおこないません。回答を必要とする当会へのお問合せは、お問合せフォームにてお受けいたします。
  • 当会の目的や参加者の交流促進に寄与しないと当会が判断したコメントは、掲載を見送らせていただく場合がございます。
  • 投稿コメントの公開を希望しない場合は、コメントの記入欄にその旨ご記載ください。また、お名前のみ公開を希望しない場合、お名前欄にペンネームをご記入ください。

*