沖縄「戦前新聞」スクラップ

沖縄県民の読む新聞には米軍の動きのほか、自衛隊の訓練や施設強化などの動向が日々掲載されるので、南西諸島の軍事要塞化が着々と進んでいることがよくわかります。国内を戦場にすることも辞さない日米軍事体制の急激な変化は,まさに「戦前」に突入した感があります。そこで、全国の皆さんと認識を共有するために、沖縄「戦前新聞」と題して関連記事をスクラップして掲載します。お役立てください。

与那国陸自 施設拡大 ミサイル部隊配備検討(沖縄タイムス 2022.12.24)

与那国にミサイル部隊 防衛省方針 駐屯地費用を計上(琉球新報 2022.12.24)

進む「軍事要塞化」 周辺国 挑発の恐れ 与那国にミサイル検討(沖縄タイムス 2022.12.24)

説明なく配備加速 県「外交はどこへ」 与那国駐屯地 18万平方メートル拡張へ(沖縄タイムス 2022.12.24)

「ミサイル基地化反対」 うるま市民が総決起集会(琉球新報 2022.12.24)

「国民的議論されず」 安保3文書巡り 知事見解(琉球新報 2022.12.24)

防衛力増強 一挙に 那覇にも地下司令部15旅団を師団に格上げ / 「理解得る」言葉と裏腹 防衛相、既成事実化図る(琉球新報 2022.12.24)

訓練交付金を創設 在沖米基地大半は対象外(沖縄タイムス 2022.12.24)

沖縄市「地元に説明を」 陸自補給拠点検討 情報なく市民ら憤り(琉球新報 2022.12.24)

「反撃能力」配備けん制 知事「国会議論なく問題」(沖縄タイムス 22022.12.24)

防衛費膨張 6.8兆円 自衛隊艦船に建設国債(沖縄タイムス 2022.12.24)

「反撃能力」で6.8兆円 軍拡競争懸念拭えず(琉球新報 2022.12.24)

辺野古経費1912億円 85%増 軍港浦添移設も盛り込む(沖縄タイムス 2022.12.24)

振興「国主導」顕著 県の頭越し、差配可能に(琉球新報 2022.12.24)

「辺野古」急増1882億円 (琉球新報 2022.12.24)

11管に大型巡視船配備へ(沖縄タイムス 2022.12.24)

住民名簿の提供 村に謝罪求める 融資、自衛官募集巡り(沖縄タイムス 2022.12.24)

土地規制法対策 全国初の弁護団 違憲性訴え 人権保護へ(沖縄タイムス 2022.12.24)

石井氏 和解し謝罪文 那覇地裁 本紙記者中傷で(沖縄タイムス 2022.12.24)

ネットの中傷 容認許されぬ(沖縄タイムス 2022.12.24)

日中会談 継続してこそ価値(沖縄タイムス 2022.12.24)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

以下の注意事項をご確認の上、良識あるコメントにご協力ください

  • コメントをいただいてから掲載まで、お時間をいただくことがございます。
  • 各コメントに対して当会より個別の返信はおこないません。回答を必要とする当会へのお問合せは、お問合せフォームにてお受けいたします。
  • 当会の目的や参加者の交流促進に寄与しないと当会が判断したコメントは、掲載を見送らせていただく場合がございます。
  • 投稿コメントの公開を希望しない場合は、コメントの記入欄にその旨ご記載ください。また、お名前のみ公開を希望しない場合、お名前欄にペンネームをご記入ください。

*