沖縄「戦前新聞」スクラップ

沖縄県民の読む新聞には米軍の動きのほか、自衛隊の訓練や施設強化などの動向が日々掲載されるので、南西諸島の軍事要塞化が着々と進んでいることがよくわかります。国内を戦場にすることも辞さない日米軍事体制の急激な変化は,まさに「戦前」に突入した感があります。そこで、全国の皆さんと認識を共有するために、沖縄「戦前新聞」と題して関連記事をスクラップして掲載します。お役立てください。

防衛税創設 所得税1%分 復興税下げ14年間延長 法人増税 中小9割除外(琉球新報 2022.12.15)

防衛増税 大企業に偏り 賃上げや投資抑制も 法人・所得・たばこ税で合意(沖縄タイムス 2022.12.15)

復興税活用に異論(沖縄タイムス 2022.12.15)

土地所有者の立ち入り拒否 防衛局 空自那覇基地で(沖縄タイムス 2022.12.15)

「戦争しないこと一番に」 反撃能力めぐり知事強調(琉球新報 2022.12.15)

石垣駐屯地の「説j明会を」  県選出野党議員 詳細なく住民不安 迫る解説、防衛省に要請(琉球新報 2022.12.15)

台湾、超音速弾生産段階 北京射程内 中国けん制(沖縄タイムス 2022.12.15)

社説 「防衛増税」迷走 議論の進め方が乱暴だ(沖縄タイムス 2022.12.15)

社説 世論捜査は容認できない(琉球新報 2022.12.15)

ダンプ台数 説明の5倍 本部塩川港から搬出5年(沖縄タイムス 202212.15)

弾薬庫 新たに5棟 辺野古 日米合同委で合意(琉球新報 2022.12.15)

騒音 基準値超え最多 21年度名護市内 久志3323回(沖縄タイムス 2022.12.15)

中村哲さんの意志胸に 塩川の抗議に通う ペシャワール会 武器で平和はつくれない(沖縄タイムス 2022.12.15)

土砂投入宇4年で 抗議集会 辺野古に市民160人(琉球新報 2022.12.15)

弾薬庫新たに5棟 辺野古 日米合同委で合意(琉球新報 2022.12.15)

高須氏、座り込み「誰もいない」⇒「実は人がいた」(琉球新報 2022.12.15)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

以下の注意事項をご確認の上、良識あるコメントにご協力ください

  • コメントをいただいてから掲載まで、お時間をいただくことがございます。
  • 各コメントに対して当会より個別の返信はおこないません。回答を必要とする当会へのお問合せは、お問合せフォームにてお受けいたします。
  • 当会の目的や参加者の交流促進に寄与しないと当会が判断したコメントは、掲載を見送らせていただく場合がございます。
  • 投稿コメントの公開を希望しない場合は、コメントの記入欄にその旨ご記載ください。また、お名前のみ公開を希望しない場合、お名前欄にペンネームをご記入ください。

*