沖縄「戦前新聞」スクラップ

沖縄県民の読む新聞には米軍の動きのほか、自衛隊の訓練や施設強化などの動向が日々掲載されるので、南西諸島の軍事要塞化が着々と進んでいることがよくわかります。国内を戦場にすることも辞さない日米軍事体制の急激な変化は,まさに「戦前」に突入した感があります。そこで、全国の皆さんと認識を共有するために、沖縄「戦前新聞」と題して関連記事をスクラップして掲載します。お役立てください。

安保3文書と防衛予算 前田哲男 専守防衛政策の崩壊必至 「日中再戦」の第一線基地化懸念(琉球新報 2022.12.13)

ブルーインパルス宮古飛行 空自6機 観客の一方、抗議デモ /「感動」「軍事化許さず」 宮古島市民 歓迎と反対(琉球新報 2022.12.13)

平和団体「軍事利用」を懸念 ブルーインパルス 宮古飛行 民間空港利用に前例(琉球新報 2022.12.13)

展示飛行 歓迎と反発 大勢の観客■デモ行進も ブルーインパルス 宮古空港使用(沖縄タイムス 2022.12.13)

敵国侵入想定で新訓練 海兵隊 高江の武装兵も(沖縄タイムス 2022.12.13)

安保3文書 与党合意 中国脅威「弾道弾」に限定(琉球新報 2022.12.13)

自公 安保3文書合意 対中表現 「ミサイル脅威」 トマホーク取得明記(沖縄タイムス 2022.12.13)

法人増税 7000億円前後 防衛財源案 復興・たばこ各2000億円(琉球新報 2022.12.13)

防衛増税 政権内で反対論 異例の事態 沈静化に躍起(沖縄タイムス 2022.12.13)

自衛隊強化 方向容認 県議会 知事、米軍縮小「同時で」(琉球新報 2022.12.13)

日米演習に理解示す 石垣市長「訓練あり得る」 (沖縄タイムス 2022.12.13)

危機管理職員の配置検討 県、自衛官や警察など想定(沖縄タイムス 2022.12.13)

落下する窓 つかめず 副操縦士ら事故気付く 普天間第二小 米報告書(沖縄タイムス 2022.12.13)

事故現場「学校」記述なし 校庭「空き地・サッカー場」(沖縄タイムス 2022.12.13)

F35相次ぎ飛来 屋良で102デジベル記録 嘉手納基地に7機(沖縄タイムス 2022.12.13)

米軍機の音 胸苦しく 母、当たり前の安全求めて(琉球新報 2022.12.13)

県民知る「イクサユヤアワリ」 (沖縄タイムス 2022.12.13)

戦争へ接近する政治に反対(沖縄タイムス 2022.12.13)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

以下の注意事項をご確認の上、良識あるコメントにご協力ください

  • コメントをいただいてから掲載まで、お時間をいただくことがございます。
  • 各コメントに対して当会より個別の返信はおこないません。回答を必要とする当会へのお問合せは、お問合せフォームにてお受けいたします。
  • 当会の目的や参加者の交流促進に寄与しないと当会が判断したコメントは、掲載を見送らせていただく場合がございます。
  • 投稿コメントの公開を希望しない場合は、コメントの記入欄にその旨ご記載ください。また、お名前のみ公開を希望しない場合、お名前欄にペンネームをご記入ください。

*