沖縄「戦前新聞」スクラップ

沖縄県民の読む新聞には米軍の動きのほか,自衛隊の訓練や施設強化などの動向が日々掲載されるので,南西諸島の軍事要塞化が着々と進んでいることがよくわかります。国内を戦場にすることも辞さない日米軍事体制の急激な変化は,まさに「戦前」に突入した感があります。そこで、全国の皆さんと認識を共有するために、沖縄「戦前新聞」と題して関連記事をスクラップして掲載します。お役立てください。

ホームページのカテゴリーをクリックすると過去のスクラップを見ることができます。

ミサイル配備「市民に不安」うるま市長見解 (琉球新報 2022.6.21)

米軍ヘリ不時着 国頭村長が抗議 役場で防衛局長に(沖縄タイムス 2022.6.21)

「集落での飛行中止を」 米軍ヘリ不時着 国頭村、政府に抗議(琉球新報 2022.6.21)

(社説)国民保護計画の試算 現実離れした想定だ(琉球新報 2022.6.21)

92歳翁長さん「有事想定の動き懸念」 死に直面 戦語る氏名 弾の雨「経験させたくない」(沖縄タイムス 2022.6.21)

はぐれた妹 ずっと心に 平和の礎刻銘、涙あふれ(琉球新報 2022.6.21)

平和の礎 追加刻銘 おじいの名、永遠に(沖縄タイムス 2022.6.15)

海鳴りの像 遺族ら清め 那覇 戦時遭難犠牲の慰霊碑(琉球新報 2022.6.21)

「強制連行 歴史伝える」 恨之碑 朝鮮人犠牲者を追悼(琉球新報 2022.6.21)

子どもだけで米軍の下へ 「捕虜になれば助かる信じ」(琉球新報 2022.6.21)

「戦争二度と」誓う平和 西原 児童生徒が戦跡巡り(琉球新報 2022.6.21)

海岸通称 自殺意味する 「スーサイド」 糸満米須 沖縄戦から米兵命名か(沖縄タイムス 2022.6.21)

学生生活 戦禍に奪われ 命の大切さ 語り伝える(沖縄タイムス 2022.6.21)

父の名刻んだ 礎に想い 高齢で負担 参拝断念(沖縄タイムス 2022.6.22)

ガマでの出来事 疑似体験 伊良波中で平和学習(琉球新報 2022.6.21)

社説 核禁会議きょう開幕 軍縮への動きとめるな  (沖縄タイムス 2022.6.21) 

「原爆は非人道的絶対悪」被爆者や3世 廃絶訴え ウィーンで国際会議(沖縄タイムス 2022.6.21)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

以下の注意事項をご確認の上、良識あるコメントにご協力ください

  • コメントをいただいてから掲載まで、お時間をいただくことがございます。
  • 各コメントに対して当会より個別の返信はおこないません。回答を必要とする当会へのお問合せは、お問合せフォームにてお受けいたします。
  • 当会の目的や参加者の交流促進に寄与しないと当会が判断したコメントは、掲載を見送らせていただく場合がございます。
  • 投稿コメントの公開を希望しない場合は、コメントの記入欄にその旨ご記載ください。また、お名前のみ公開を希望しない場合、お名前欄にペンネームをご記入ください。

*